数学院卒/歯医者

数学科卒・脱サラお百姓です。

ブログ記事、何を書いたらいいものか。どうなんですかね。とりあえず、サラタメさんがしている冒頭の自己紹介

ブラック企業から倍率100倍のホワイト企業の転職を成功させて、
ぬくぬくサラリーマンユーチューバーしている
私、サラタメがお送りします

みたいな気分で、「数学科卒・脱サラお百姓です」と言ってみた。

確かにブログ記事には、自己紹介が挿入されていた方がわかりやすいし、読むモチベにはなると思う。何が書いてあるか、よりも誰が書いているか、の方がやはり重要だったりするから。情報には真贋を見分ける作業が付きまとい、その作業コストをカットしてくれるのは筆者の経歴だったり、社会的信用度だったりするから。

サラタメさんは、「倍率100倍のホワイト企業に転職を成功」と言っていて、かつ、「サラリーマンYouTuber」をぬくぬくしているのだから、それだけでちょっと聞いてみるかな、となる。成功者の話以外、人は聞こうとしない。少なくともサラタメさんは、100人に1人くらいの人材であることは保証されている。保証しているのは、企業という社会的存在であり、信用度の高いものがサラタメさんを保証している(ウソをついてないと仮定して)。

そういえば、僕は数学科で成績最優秀者だったので50人に1人の人材ではある。日本海側の某地方国公立の数学科ではあるが。中の上、といった人材なわけである。僕の実績はあと、学歴になる。大学院がわりと某よさげなところに行った。その辺を自己紹介に取り入れてやろうか。

やはり人間は過去に引っ張られるのだろうか。数学で軽い旗を上げた僕は、もはや数学のことくらいじゃないと人から社会的信用を得られないと思われる。ここで農業や林業などやり出しても、あまり聞いてもらえないのではないか。いやそれはこれから未来が決めることなので、それほど深く考えなくてもよろしい。

 

虫歯について

歯医者さんに歯を診てもらうときに「C0/C1/C2」とかって言われると思います。

どういう意味かと言うと、

  • C0は放っておく虫歯になてしまう可能性がある。虫歯にならないように予防しよう
  • C1は歯の表面のエナメル質に及んだ状態で、痛みあまりなく治療もごく簡単です
  • C2はエナメル質よりも柔らかい象牙質にまで及んだ状態で、冷たいものがしみる等の自覚症状が出てくる。治療がやや複雑になり、麻酔を必要とする場合もある
  • C3はすでに神経にまで及んでいるため、痛みのために寝付かれないこともある。炎症を起こしている神経を取り除く治療が必要
  • C4はC3が悪化した状態。歯の表面はもとより内部の神経も破壊されており、もとに戻すことはほぼ不可能であるため、歯を抜くことが必要

というものです。歯を診てもらうときに参考になるので、ぜひ覚えておきましょう。

 

 

おわり

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です