放置竹林問題の対処

 

このブログ記事は

  • 「放置竹林の問題はわかるけど、どういう対策が取られているんだろう」

という方に対して書かれています。

この記事を読むと、

  • 「なるほど、そういう対策が考えられているのだな」

とわかります。

以下の記事も参考にしてください。

https://kanzaemon4.com/%e6%94%b9%e3%82%81%e3%81%a6%e6%94%be%e7%bd%ae%e7%ab%b9%e6%9e%97%e3%81%af%e4%bd%95%e3%81%8c%e5%95%8f%e9%a1%8c%e3%81%aa%e3%81%ae%e3%81%8b/

放置竹林は実際のところ、伐採するしか対策はありません。

しかし、伐採するのにもコストがかかるので、
それに見合うリターンは何かないか?
ということが色んな側面から考えられています。

対策

竹の伐採

僕が林業の仕事でやっているものとして、
拡大竹林の皆伐(すべて切ること)があります。

ただ、一度にすべての竹を切ると、
雨で土が流れてしまうなどの恐れがあります。

拡大竹林の皆伐は3年計画で行われます。

拡大してきた竹林の竹をすべて切り、
雑木林にするという予定です。

この間、第1年目の竹伐採をしてきましたが、
3年後、竹林が消えた山の姿がどうなるか、
少し楽しみです。

伐採した竹を利用する方法がいくつか考えられています。

竹の利用

竹炭

竹を炭化させた竹炭には、

  • 床下調湿
  • 土壌改良
  • 防臭
  • 消臭
  • 水質改善

などの効果があります。

僕もモキ製鉄所無煙炭化器で竹炭を作っています。

叩くと金属音が鳴るような質のいい竹炭は作れませんが、
畑に撒いたりする分にはまったく問題ありません。

農業用資材

今は何もかもビニールやアルミなどに変わってしまいましたが、
我が家では、
キュウリやトマトを支える支柱は、
竹を使っています。

貸し農園の借主がビニールやプラスチックなどの農業用資材を使われていますが、
農園をやめるとき、
必ずそれらがゴミになるので困っていたりします。

なるべく自然物を使う方が、
終わりのときの処理が楽です。

商品はお客さんに届くまでのことしか考えて作られていません。

最終行きつく先はゴミで、
捨てやすさを考えるなら、
自然物が一番です。

竹パウダー、竹チップ

竹チッパー、あるいは粉砕機が登場しました。

竹を細かく砕くことで、
様々な利用が可能になります。

  • 竹チップを肥料に
  • 竹を粒子にしたものをガレット(お菓子に)
  • 農業資材に

竹製品

竹製品と言っても、いろいろありますが、
たとえば以下になります。

茶道の道具などが高級品です。

  • 寺垣
  • 茶せん
  • 竹ピン
  • 竹ぼうき
  • 尺八
  • 竹籠

 

そんなところでしょうか。

新たな竹製品を考案することも大事だと思います。

僕自身は、

  • 竹を燃料にすること
  • 竹を燃やした後の竹灰
  • 質の良くない竹炭
  • 農業用の支柱など
  • 物干しざお

などに使用しています。

 

最近はやはり竹チッパーの登場で、
竹をチップ化して使用される機会が増えているようです。

 

おわり

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です